産地仕入れの魚介

岩手県 洋野町 天然ウニ

map

    岩手県洋野町の“うに牧場”で獲れる、まるまる太った4年物の天然ウニ。

    岩手県洋野町産「天然ウニ」MOVIE~vol.1~

    \飲食店の皆さま/ 【岩手県洋野町産「天然ウニ」MOVIE~vol.1~】 ◎うに牧場のまるまる太った4年もの♪◎ 最近テレビでも紹介され話題になった 岩手県洋野町うに牧場の「天然ウニ」です! ウニのいっちばんおいしい時期は、 まさにいま!洋野町のウニは、 はり切れんばかりにまるまる太り、 旨み甘みがたっぷり!♪ 艶やかな山吹色の身は一粒一粒が大きく、 見ているだけで、わくわくですっo(^^o)(o^^)o 口のなかに入れたときの、 とろける瞬間の舌ざわりと上品な磯の香り。 ほくほく温かいご飯と一緒に食べると、 濃厚な甘みがからみ合い、 感動的なおいしさっっっ!(≧◇≦) ご飯はやや固めに炊いて、 ウニからしみ出る旨みの塩水と 合わせて食べるのも ツウの食べ方だそうですよ~(^^)v 絶品の天然ウニを、 どうぞお召し上がりくださいませ♪ 魚ポチでも、お盆までの 期間限定で販売中です!(^◇^) すぐ売り切れてしまうので、 ご注文はお早めに!☆ ————————— 【ご購入方法】 1.魚ポチへご登録(https://uopochi.net/lp/pre-register/) 2.魚ポチへログイン(https://uopochi.jp/login) 3.トップページの検索窓にて”キャンペーン”と入力し検索 (キャンペーン商材一覧がでます) 4.商材を選択しカートへ 5.購入確定ボタンでOK! 本ページでは注文受付しておりません。 ご購入は魚ポチへの登録が必要です。 ————————— \ 初回注文が送料無料 / ▼魚ポチ ご登録はこちら(無料)▼ https://uopochi.net/lp/pre-register/ 飲食店専門の鮮魚の仕入れ「魚ポチ」は、 朝3時までスマホで注文OK! 産地や築地の商品を1,500種類以上 取り揃えています。 —————————

    飲食店鮮魚仕入れの『魚ポチ』さんの投稿 2016年8月9日

    世界有数の好漁場として知られる三陸沖。そのなかでも北三陸は、新鮮でおいしい海産物が豊かに育つ場所として、世界へ食を広げています。さて今回は、北三陸の秘境といわれる、岩手県洋野町の「天然ウニ」の魅力をさぐります。

    ウニの一番おいしい時期は、産卵期をむかえる7月下旬〜8月下旬でまさにいま。洋野町のウニは、はり切れんばかりにまるまる太り、旨み甘みがたっぷり。艶やかな山吹色の身は一粒一粒が大きく、見ているだけでわくわくします。口のなかに入れたときの、とろける瞬間の舌ざわりと上品な磯の香り。ほくほく温かいご飯と一緒に食べると、濃厚な甘みがからみ合い、感動的なおいしさに笑みがこぼれます。ご飯はやや固めに炊いて、ウニからしみ出る旨みの塩水と合わせて食べるのもツウの食べ方だそう。それにしても、このウニなんでこんなにおいしいの…?

    洋野町の“うに牧場”。
    ここにおいしさを最大に引き出す魅力があります。洋野町の海岸はもともとは岩礁地帯。この岩礁に溝をつくり、ウニの増殖溝としてはじめた場所が“うに牧場”です。
    溝には海水が流れこみ、ウニの餌となる天然の海藻類たちが豊かに繁っています。おいしいウニが育つために一番大事なのは“ウニの食べもの”です。本来ウニは雑食性の食いしん坊で、岩でも空き缶でも何でも食べてしまうため、海の自然のなかで育ったウニは味がどうしても安定しません。うに牧場では、北三陸のコンブやワカメなど品質のいい天然の海藻類だけをたくさん食べさせているので、まるまる太った濃厚で甘みのあるウニに仕上がります。ウニにとっても、うに牧場はおいしいものだらけの楽園。本物の牧場のように、のどかでのんびりした場所でウニは元気いっぱいに育つのです。

    “世界でここだけ”のブランド発信基地へ

    岩手県洋野町産「天然ウニ」MOVIE~vol.2~

    \飲食店の皆さま/ 【岩手県洋野町産「天然ウニ」MOVIE~vol.2~】 ◎世界でここだけの“うに牧場” ◎ いま話題☆「うに牧場」の 海のなかMOVIEをゲットしました!(*''ω''*) 洋野町の海岸はもともとは岩礁地帯。 この岩礁に溝をつくり、 ウニの増殖溝としてはじめた場所が “うに牧場” です。(^◇^) ウニの餌となる天然の海藻類たちが たくさん繁っていますよー♪(◎o◎) おいしいウニが育つために 大切なのは、ウニの食べものなのですっ! 本来ウニは、雑食性の食いしん坊で、 岩でも空き缶でも何でも食べてしまうため、 海の自然のなかで育ったウニは 味がどうしても安定しません…。(;O;) しかし、うに牧場では、 北三陸のコンブやワカメなど 品質のいい天然の海藻類だけを たくさん食べさせているので、 まるまる太った濃厚で甘みのあるウニが 仕上がるのですっ(●^o^●) ウニにとっても、うに牧場は おいしいものだらけの楽園。 本物の牧場のように、 のどかでのんびりした場所で ウニは元気いっぱいに育つのですね~♪ 魚ポチでも、お盆までの 期間限定で販売中です!(^◇^) すぐ売り切れてしまうので、 ご注文はお早めに!☆ ————————— 【ご購入方法】 1.魚ポチへご登録(https://uopochi.net/lp/pre-register/) 2.魚ポチへログイン(https://uopochi.jp/login) 3.トップページの検索窓にて”キャンペーン”と入力し検索 (キャンペーン商材一覧がでます) 4.商材を選択しカートへ 5.購入確定ボタンでOK! 本ページでは注文受付しておりません。 ご購入は魚ポチへの登録が必要です。 ————————— \ 初回注文が送料無料 / ▼魚ポチ ご登録はこちら(無料)▼ https://uopochi.net/lp/pre-register/ 飲食店専門の鮮魚の仕入れ「魚ポチ」は、 朝3時までスマホで注文OK! 産地や築地の商品を1,500種類以上 取り揃えています。 —————————

    飲食店鮮魚仕入れの『魚ポチ』さんの投稿 2016年8月9日

    洋野町は、ウニの育て方も独特です。
    まず港の近くにあるウニ栽培漁業センターで稚ウニを生産。1年間大切に育て、海に放流します。それからおよそ2年間、ウニは天然の漁場で過ごします。そしてうに牧場へ移植。1年後に収穫されます。稚ウニから「つくり・そだて・とる」までおよそ4年間。ほかには真似できない、世界でここだけの仕組みを通じて、洋野町のウニが生み出されるのです。

    さらに洋野町ならではといえば、ウニの獲り方。北三陸には、伝統の南部もぐりがいまも存在します。南部もぐりとは、伝統的に受け継がれてきた潜水技術のこと。
    必要なウニの数だけを手づかみで採捕するため、ウニにとっても海に棲む生物たちにとっても優しい漁の方法なのです。

    最近テレビでも、洋野町産のウニが紹介されました。うに牧場のストーリーや天然ウニのおいしさ、地域の魅力などが付加価値を生みだし、地域ブランドの成功例としても注目を集める洋野町。天然ウニは8月中旬までの期間限定です。この絶品をぜひ一度味わってみてください。

    うに牧場の天然ウニ

    魚ポチバイヤーのコメント
    正式名称は北紫ウニといいます。日本人に一番親しまれているウニで人気ですね。これまでいろんなウニを食べてきましたが、洋野町のウニは、ウニ本来の純な旨みがします。雑味がないんです。少し贅沢におにぎりのなかにウニを入れてみて食べるのも、ご飯と絡み合って旨いです。