旬の魚

噴火湾より、春の生ボタンエビ

    噴火湾より、春の生ボタンエビ

    函館ボタン海老

    \飲食店の皆さま/ 三月解禁!函館噴火湾より ボタン海老がやってきましたーっ!(''ω'')ノ 出荷時はまだ足がピクッピクッ、 活きてますっ!(◎o◎) 水揚げ当日もの! 透きとおる身が高鮮度の証です(^^)v ぜひ、刺身でどうぞ! まった~りまろ~り濃厚な甘さが たまりませんっ!(≧◇≦) 東京の市場相場より安いので 仕入れやしすいですよ~(^^)v 25gの使いやすいサイズ感♪ すぐに売切れてしまう商品ですので、 お早目にっっっ(゚д゚)! 飲食店のみなさま、 ご注文お待ちしております! ~~~~~~~~~ ▼魚ポチをみる https://uopochi.jp/ 今回ご紹介した商品名は、 「【函館】ボタンエビ」 ※水揚げのあった日のみ掲載しています ————————– 飲食店専門の鮮魚仕入れ「魚ポチ」 ▼ご登録はこちら(無料) https://goo.gl/QiufGf 翌日配送、1尾から注文OK!! ————————–

    飲食店鮮魚仕入れの『魚ポチ』さんの投稿 2017年3月20日

    今回は道南・噴火湾産の「生ボタンエビ」をご紹介します。噴火湾のエビ漁はいまシーズンまっ盛り。三月初旬にエビ漁解禁となり、四月頃までが旬です。冷凍ものも多く出回るボタンエビは一年中食べられるイメージですが、解凍したエビと生のエビではまったく甘みが違います。まろりとした濃厚な甘みは甘エビよりも上質。口のなかでじゅわ〜と甘みが広がり、とろける感触がたまりません。身にコクがあるのでわさび醤油なしでも十分すぎるおいしさです。また頭が好きなツウな方も多いですね。頭のみそはちゅるっとそのまま吸い込むと甘苦くクセになる味わい。頭の殻はカリカリの塩焼きにするとお酒のアテにぴったりです。新鮮なボタン海老は調理次第で余すところなくお使いいただけますよ。

    国産の生ボタンエビといえば、料亭や懐石などで使われる高級食材というイメージがありますよね。希少さゆえに都内での相場は高く"仕入れてみたいけど高いなぁ…“と仕入れづらさの声もよくお聞きします。魚ポチは噴火湾の産地から直接仕入れていますので、都内で仕入れるより大変お得。一尾20gほどのサイズ感なので使いやすいですよ。お得に仕入れてお客様に満足していただきましょう!「【函館】ボタンエビ」で魚ポチをチェックしてみてくださいね。

    魚ポチバイヤーのコメント
    噴火湾のエビ漁は、カゴを用いて水揚げされます。エビに傷がつかず鮮度が良いのが特長です。ちなみに、噴火湾のボタンエビ漁は年に二回、春と秋にシーズンをむかえます。春と秋では大きな違いがあって春はオスのボタンエビ、秋はメスの子持ちボタンエビ、となります。秋は卵を食べるのもツウな食べ方ですよ。おたのしみに。