旬の魚

春漁のシーズン到来「生桜エビ」

    春漁のシーズン到来「生桜エビ」

    生桜エビ

    \飲食店の皆さま/ 駿河湾の生桜エビ、春漁の最盛期ですーっ! 通年、冷凍物が多く出回る桜エビですが 今の時期は“生"で食べられます!!!(≧◇≦) 生の桜エビは、とっても食感がいいっ!☆ 桜色をしたかわいいエビに、 エビ本来の味がシッカリつまってます!(^^)v 春の山菜を混ぜ込んだ炊き込みご飯や、 春キャベツと合わせたパスタ、 サクサクふわふわのかき揚げなど… 生桜エビの活用はさまざま~! 春メニューにおススメです♪ 動画は、生シラスと桜エビの紅白丼(^_-)-☆ 産地の観光客に人気なメニューですよ~っ! 生桜エビはとても希少ですが、 水揚げのあった日は、掲載していますよ! 魚ポチを要チェーック!(*''▽'') ご注文お待ちしております! ————————– 飲食店専門の鮮魚仕入れ「魚ポチ」 ▼ご登録はこちら(無料) uopochi.net/lp/strange/ 翌日配送、1尾から注文OK!! ————————–

    飲食店鮮魚仕入れの『魚ポチ』さんの投稿 2017年5月7日

    今回は駿河湾の桜エビ。前回ご紹介したシロエビによく似ていますよね。桜エビはシロエビよりも小さく、体長4~5cmほどの桜色をしたかわいいエビです。通年、冷凍品が多く出回りお好み焼きや焼きそばなどでお馴染みですが、生桜エビが食べられるのはとっても希少。禁漁期が設けられているため4月~6月・10月~12月の年2回だけしか生で食べられません。まさに今は春漁のシーズンです!春の山菜を混ぜ込んだ「桜エビの炊き込みご飯」や春キャベツと合わせた「桜エビのパスタ」、サクサクふわふわの「桜エビのかき揚げ」この季節のメニューにピッタリです。また、産地では駿河湾の生シラスと合わせた「桜エビの紅白丼」や、生きた桜エビを特製タレに漬け込んだ「桜エビの沖漬け」などは観光客からも大人気。駿河湾までひとっとびしたいですね!

    駿河湾のように湾が広く、かつ深い場所は、桜エビにとっては棲み心地がいいようです。桜エビは昼間は深さ200~350mの海中に広々と広がって生活していますが、夜になると群れながら20~60mまでふわっと上昇する習性があります。こういった習性が一番安定する場所が駿河湾なのでしょう。また、駿河湾の塩分濃度や餌にするプランクトンも桜エビの生息環境にあっていると言われています(諸説あります)。さて、魚ポチでも生桜エビを掲載しています!希少ですが水揚げのあった日はお出しいたします!この時期だけのおいしい生桜エビ、ぜひ仕入れてみてくださいね!

    魚ポチバイヤーのコメント
    生桜エビは、食感も良く、エビ本来の味をしっかりと感じることができます。ちなみに春漁の桜エビは秋漁と比べ、甘みが強いと言われています。桜エビは夏に生まれるため、秋はまだ若く、春頃に成長し甘みを増します。